ニュース一覧

成分を調べよう

男女

効果的な食べ方

健康のために野菜を多く摂取しようとしても、なかなか難しいものですね。野菜不足を補うために青汁を取り入れているという方も多いのではないでしょうか。青汁は多くの栄養素をバランスよく含んでおり、手軽に摂取できることから人気ですが、なぜ、青汁はそれほど健康効果が高いと言われるのかご存知でしょうか。青汁の原料として主に使われるのがケールという野菜です。元々は地中海原産のアブラナ科の植物ですが、一年を通して栽培しやすいため日本全国でも栽培されています。ビタミン、カルシウム、ミネラル、食物繊維などの多くの栄養素がバランスよく含まれており、各栄養素の働きにより強い抗酸化作用を持つため、健康維持、老化防止などに効果的として注目されています。ケールに含まれる栄養素のうち、ビタミンは熱と水にとても弱い成分です。ビタミンは加熱することで壊れやすく、煮炊きすると水に溶けだしてしまいます。調理することで何割かは失われるため、ケールに含まれる栄養素を余すところなく摂取するには生で食べるしかありません。青汁はケールを生で扱うため、栄養効果が高いとされるのです。独特の苦みとクセがあって飲みにくいですが、牛乳やはちみつ、フルーツ、ヨーグルトなどと合わせると少し飲みやすくなります。スーパーなどでケールが入手できる場合も同様に、フルーツなどと合わせてミキサーにかけると美味しくなります。生で食べることに抵抗がある場合は、炒める、揚げる、蒸すなどして、極力栄養が失われないような調理にしましょう。また、ケールには日ごろ不足しがちな栄養素が多く含まれていますが、シュウ酸も含まれます。過剰摂取は結石のリスクを高めますので、食べすぎには気を付けてください。日々の食卓に取り入れ、健康的な毎日をお過ごしください。

Copyright© 2018 ケールを取り入れれば健康になれる|長生きしたいなら必見 All Rights Reserved.