ニュース一覧

効能を確認しておこう

野菜

摂取する際の注意

ケールは日本ではあまりなじみのない野菜です。日常でそのまま食べられることは少なく、青汁の原材料として名前を見かける程度でしょうか。しかしながら、ケールは野菜の王様と言われるほど、高い栄養効果を持つ野菜です。どのような栄養を含んでいるのか、効果的な食べ方と共に探ってみましょう。ケールは、アブラナ科の植物です。同じアブラナ科の植物であるキャベツやブロッコリーなどは、ケールを品種改良することによって作られました。キャベツなどでは食べやすく改良したために失われた栄養素も、原種に近いケールにはそのまま残っています。栄養素としては、βカロテン、カルシウム、ビタミン、ミネラル、ルテイン、食物繊維など多くの栄養素をバランスよく含んでいます。ルテインは目の健康維持、βカロテンやビタミンは抗酸化作用が高いとされ、サプリメントなどでも注目されていますね。他にもメラトニンが含まれており、睡眠効果を高められます。各栄養素の相乗効果により、美肌、デトックス、アンチエイジング、健康維持などへの高い効果が期待できます。独特の苦みとクセを持った野菜ですので、生のまま食べるにはあまり向いていません。ビタミンは熱や水に弱く、煮炊きすると何割かは失われてしまいますが、ミネラルや食物繊維は損なわれません。過熱することで食べやすくなり、結果として量も多く摂取できるため加熱調理がお勧めです。茹でると煮汁に溶け出す割合が多くなりますので、蒸したり炒めたりして食べると良いでしょう。全ての栄養を余すところなく摂取したい場合は、フルーツや牛乳、はちみつなどと一緒にミキサーにかけると食べやすくなります。

Copyright© 2018 ケールを取り入れれば健康になれる|長生きしたいなら必見 All Rights Reserved.